日章旗PHOENIX JAPAN OFFICIAL LEAGUE

ニュース

お知らせ
リーグサイトが無料会員の方でも利用しやすくなりました。

Banner

[最新ゲーム結果] | 01/07 (木) Zero-1 darts VS ア・ワ・ヨ・ク・バ YOUSHA 16 : 1 Zero-1 darts WIN

PHOENIX OFFICIAL LEAGUEについて

Phoenix OFFICIAL LEAGUE

ダーツリーグシステム PHOENIX オフィシャル・リーグサイトへようこそ! このサイトは世界初のダーツリーグオンラインシステムです。 日々進化しているこのサイトを体感して下さい!

01 PHOENIX OFFICIAL LEAGUEとは?

デジタルダーツマシン『 PHOENIX 』シリーズのマシンを使用して
HOME&AWAYでの対戦をを繰り返し、勝利ポイントを競いながら全国規模で同時
展開する4~20名の団体戦です。
チームメンバーがリーグ専用カードをマシンにかざすだけで、
自動進行できるリーグシステムです。
また、試合の出席や個人成績、チームの情報等をPCオフィシャルサイト、
スマートフォンサイト、モバイルサイトで簡単に確認する事ができます。
個人戦とは違う緊張感は、リーグならではの醍醐味。 
チームの団結力が勝敗を分けるPHOENXI リーグで日本一のチームを
目指そう! 日本一を決めるFINAL STAGEは、毎年2月に開催されます。

公式のリーグならではの、PHOENIXリーグアイテム

リーグ専用カードのほか、特定アワードでチームに貢献した
プレイヤーへの褒章として、「アワードピン」が
プレゼントされるなど、PHOENIX公式
リーグアイテムで、いつものリーグがより楽しさアップ!
(※)アワードピンプレゼントは、一部実施していない地域もあります。

02 リーグ方式のポイント

  • HOME & AWAY 方式を採用!

    リーグシステムで一番大きい特徴とも言えるHOME & AWAY方式を採用。
    同じ相手チームとHOMEとAWAYで一回ずつ、計二回対戦を行なう。
    ホームでの対戦がやはり有利!ホーム戦では地の利を生かして必ず勝利しよう!
    また、アウェイ店舗に行くことによりダーツ友達の輪が更に広がるかも???

  • リーグ専用カードで試合データを自動記録/管理してくれる!

    従来のダーツリーグは、手書きで記録した試合結果を集計し、貼りだしたり、WEBに掲載していた。
    フェニックスリーグは、この記録方式を一新した。
    なんと、カードをマシンにタッチするだけで、リーグの勝敗やスコアを自動集計して
    リーグオフィシャルサイトに転送してくれる。
    パソコン、スマートフォン、モバイルサイトでリアルタイムにチェック可能だ!

  • チームオーダー入力システム!

    フェニックスリーグの醍醐味といえば、「チームオーダーでの心理戦!」
    相手チームがどんなオーダーで挑んでくるのか、試合開始までわからない。。。。
    こんな時、キャプテンの采配に勝利を左右される可能性も!!!
    試合が開始されるまで、相手チームのオーダーはわからない仕組みになっているので、
    相手チームとの心理戦を楽しもう!!!
    試合前までに両チームは、PCサイトまたはモバイルサイトで試合に出場する選手のオーダーを
    入力することで、試合のシュミレーションも可能!マッチアップによる楽しさが2倍になります!

  • セット数・レッグ数のバリエーション多数!

    各地域ごとに5セットから21セットまでセット数を選択可能。(各地域の運営規定によります。)
    また、多数LEG制リーグ(例:1LEG勝負の15LEG制リーグ等)にも対応しました。
     ※選択されたセット数によって最少チームメンバーや試合別の最少参加人数も変わります。
    各地域の状況、各Divのレベルやリーグ方針に合わせてセット数を選択し、バリエーションに富んだ
    リーグが実現可能になりました。
     ※各地域別の運営規定は、各担当代理店または所属リーグの運営者にご確認下さい。

  • ゲームの種類も豊富!

    リーグで楽しめるゲームが大幅に増えました!
    フェニックスマシンでプレイできるほぼ全てのゲームをリーグで楽しめます。
     ※各地域別のゲーム構成は、各担当Dealerまたは所属リーグの運営者にご確認下さい。

  • ポイントシステム

    各セット別の勝敗数によってポイントが付与されます。
    (多数LEG制の場合勝利LEG数)
    該当リーグでのトータルポイントで争います。
    その日が負け試合になっても、1ポイントでも多く
    ポイントを獲得するのが第1歩です!